-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-08-02 21:25 | カテゴリ:4号機の思い出
━━━━━━━
佳境へ!「六本木ヒルズからの七転八倒」
【乗打編77】「ヤダ!」【終】
【コラム】出会えない、プレミアム【028】
━━━━━━━

やっと、徐々に、普段の生活を取り戻しつつあります。
気力・体力ともに風疹前の状態になったかなぁ。

今月の稼働予定も徐々に決まり始め、頑張って
稼ぎましょうね、今月も。

さて、ホールチェックがてら、スロゲーセンに
行ってきました。その時の画像がコチラ……

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

     続きを読むをクリック→
スポンサーサイト
2013-02-22 17:18 | カテゴリ:4号機の思い出
本日も所用を済ませてからホールチェックへ。

数十件チェックするも、良さげな新規開拓ホールは無し。
まぁなかなかお眼鏡に叶うホールは見つかりませんな。

少し足を伸ばして、普段通っているホールの状況もチェック。
現状維持といったところ。だが現時点で打つに値する履歴の台は無し。

そこからさらに足を伸ばして、珍しくスロゲーセンへ。
都内近郊には結構あるんですよね。

そこで打つのは当然・・・

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

     続きを読むをクリック→

2012-09-23 00:49 | カテゴリ:4号機の思い出
今日は稼働無し。いつも稼働日記ばかりなので、目先を変えて思い出話を。


パチンコ・パチスロ収支日記 ブログランキングへ


当ブログはジャグラーに特化しているので、読者の皆様もジャグラー打ちの方が大半かと思います。
さらに、今現在5号機ジャグラーを打っている方は、4号機時代から打っている方が多いのでは、と。

今回は、そんな4号機ジャグラーの思い出話を動画を交えて書いていきたい思います。
5号機世代の方は、なんとなく当時の雰囲気を楽しんでいただけたら幸いです。

※今回、敢えて事前に調べずに「自分の記憶」を頼りに書いています。
 そのため、情報に間違いが多々あるかもしれません。予めご了承を。


■ジャグラー(初代)



懐かしい。まだMAXベットが搭載されていないので3回ベットボタンを叩く必要がありました。
よく2枚がけで回しちゃったりしてました。

告知は第三停止ボタンを離したタイミングのみ。先告知無し。フワッと豆電球がペカリます。
4号機のジャグラーはBIGが777orBAR揃い、REGは【BAR】【BAR】【7】なので【BAR】を狙うのが鉄則でしたね。

初代ジャグラーのBAR図柄をよく見るとBARが2つ離れています。これが規約的にダメだと怒られたらしく、
次作からはBARをくっつけた、という話を聞いたことがあります。

今見てもリール幅が狭くバックライトも無く、図柄の視認性は悪いですね。
こんな機種でリプレイハズシなんてよくやってたな、と当時の自分を感心してしまいます。今は無理・・。

【リプレイハズシ】について

BIG中に特定の手順でJACINを遅らせて小役を多く獲ることで獲得枚数を増やす方法、といったとこでしょうか。
4号機世代の方には懐かしい響きでしょう、5号機世代の方は詳細はググってみてください。

ジャグラーでは、中・右を押してぶどうがテンパイすれば左もぶどうを狙い、リプレイがテンパイすれば
リプレイが揃わない場所を狙って左を止めるワケですね。

確か、上段・中段受けでリプレイがテンパイしたら、リール切れ目の7を狙うことでチェリーが邪魔してハズれ、
下段受けの場合はもう一つの7を狙えばチェリーでハズれる・・・だったと思う。

これを完璧にこなせれば。BIG1回あたり平均20枚くらい獲得枚数をが増えたんです。
1日30回BIG引けば600枚得する計算です。でも、これでも効果が薄い機種だったんです。今ならねぇ。。。


■ジャグラーV



先告知を搭載。タイミングはストップボタン有効時。レバーオン時とリール始動時は無かった・・ハズ。
よく第二停止した瞬間に気がついたりしてました。

リプレイ図柄が味も素っ気もないですね。初代とVではどっちの方が人気がある、というわけでもなく、
ほとんど同等の扱いだったような気がします。

朝イチから打って600Gノーボーナスで泣きながら帰宅したら、「ジャグラーV全6!!」という
メールを受信して膝から崩れ落ちたのは良い思い出。


■ゴーゴージャグラーSP



おそらく、一番長く設置されていた4号機のジャグラーはこれではなかったかと思います。
また、僕が人生で一番多く打ったのもこのジャグラーです。どこのホールにもありましたね。

前二作から筺体が一新。ワイドリールになりバックライト搭載。視認性が飛躍的に向上しました。
コイン投入口やストップボタンも操作性が上がっていた記憶があります。

ただ、当時の台のレバーはクルクル回すと先端の黒い玉が取れるんですよね。
着席して1G目レバーオン。コロコロとパチンコのシマまで転がる黒い玉。。。恥ずかしい思い出だ。

また、我がスロット人生最大の黒歴史である「約1700枚のコインを床にぶちまける」という
出来事もこの機種で起こった。・・・持ち上げる時に手が滑ったんだよぅ・・・。



■ゴーゴージャグラーS-30



唯一の30φ仕様。4号機ジャグラーで僕が一番好きな機種です。ペカリ時は必ずリールとパネルが全消灯。
今でこそクラシックジャグラー等でプレミアム的に継承されていますが、当時は衝撃的でした。

4号機ジャグラーでは、左リールBARが1コマすべりで下段に止まったら激アツ目で(ビタだったかなぁ?)
その目が出たら、右リールを敢えてボーナス図柄を外し、中リール空回しでトイレへ。
照明が暗めのホールだと効果バツグン。遠目で見ても「俺の台の回りだけ真っ暗ァァァ!!!」 素晴らしい。

この台では8000枚台を1度、7000枚台は十指に余る。30φということもあり、当時のドル箱でも追いつかず
バケツのような樽に直接ジャラジャラとコインを入れたり、台車でコインを運んでもらったり・・・。
美しい思い出が蘇る。(遠い目


■ジャグラーガール



今に続くあの「告知音」が初搭載された機種。初めて打った時はそれはそれはビビったものです。
確か後告知の時は必ず告知音が鳴っていたと記憶しています。

また、ここで初めて「レバーオン告知」が搭載された。本当にレバーオンした瞬間にペカるので
「早ぇ!!今レバー叩く前にペカってただろッ!!」と思うこともしばし。

確か、この台だけGOGOランプの横幅が若干潰れて縦長だったと思います。
全体的になんとなく馴染めず、あまり打たなかった機種でもあります。


とりあえずこのへんでお開きに。今度はジャグラー以外の4号機の思い出でも書こうかと。


パチンコ・パチスロ収支日記 ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。